織機の種類

織機は、シャトル(杼)の使用有無とよこ糸を飛ばす方法により下記のように分類されます。

種類よこ入れ方法特徴
有杼織機 シャトル(杼)の往復運動によりよこ糸を飛ばす。 用途は万能。振動?騒音がひどく高速運転が難しい。



グリッパー織機 よこ糸をつかんだ金属製の小型グリッパーシャトルを飛ばす。 汎用性は高いが、騒音が発生し高速運転に限界がある。
レピア織機 2つのバンドが織物中央でよこ糸を受け渡すつかみ式が主流で、バンド式と棒式の2種類に区別される。 汎用性は高いが、騒音が発生し高速運転に限界がある。
ウォータージェット織機 水の噴射によりよこ糸を飛ばす。 高速運転が可能。水を使用するためフィラメント専用。
エアジェット織機 空気の噴射によりよこ糸を飛ばす。 高速運転が可能。現在の主流機種で総合的に優れる。