沿革

2000年(平成12年)~

事業?経営

製品?技術

スウェーデンのウェアハウス用機器メーカーBT Industries AB(現Toyota Material Handling Europe AB)を子会社化。

東知多工場の操業開始。<鋳造品>

2000年(平成12年)

プリウス用DC-DCコンバーターの生産開始。

「パートナーラック移動タイプ」を発売。

トヨタ自動車株式会社よりL&F 販売部門を譲受。

千葉県にトヨタL&Fカスタマーズセンター東京オープン。

商号を株式会社豊田自動織機に変更。

2001年(平成13年)

リーチタイプ電動フォークリフト「GENEO‐R」を発売。

RAV4の生産開始。

bBオープンデッキの生産開始。

車載用ACインバーター(1.5kW) の生産開始。

物流企画?物流センター運営のため、アドバンスト?ロジスティックス?ソリューションズ(株)を設立。

東浦工場操業開始。<コンプレッサー部品>

2002年(平成14年)

AZ型ガソリンエンジンの生産開始。

中国にフォークリフトの販売会社、豊田産業車輌(上海)有限公司を設立。

高所作業車等の製造及び販売を行う株式会社アイチコーポレーションを子会社化。

2003年(平成15年)

カウンタータイプセンターステア式電動フォークリフト「GENEO-E」の生産開始。

JAT710 エアジェット織機生産開始。

2004年(平成16年)

エンジン生産累計1,000万台達成。

カーエアコン用コンプレッサー生産累計2億台達成。

米国でカーエアコン用コンプレッサー製造のため、TD Automotive Compressor Georgia, LLCを設立。

中国に貿易物流会社、豊田工業商貿(中国)有限公司(現豊田工業管理(中国)有限公司)を設立。

中国でカーエアコン用コンプレッサー製造のため、豊田工業電装空調圧縮機(昆山)有限公司を設立。

2005年(平成17年)

AD型ディーゼルエンジンの生産開始。

自動車用KD型ディーゼルエンジンの生産開始。

2006年(平成18年)

エンジンフォークリフト新型「GENEO」を発売。

VD型ディーゼルエンジンの生産開始。

安城工場操業開始。<電子機器>

2007年(平成19年)

マークXジオの生産開始。

トヨタブランドのフォークリフト世界生産累計200万台達成。

2008年(平成20年)

AR型ガソリンエンジンの生産開始。

2009年(平成21年)

コンプレッサー世界生産累計3億台達成。

2010年(平成22年)~